ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

つだそうきち【津田左右吉】

(1873〜1961)大正・昭和時代の歴史(れきし学者。岐阜(ぎふ県出身。『古事記(こじき』『日本書紀(にほんしょき』の徹底(てっていした文献批判(ぶんけんひはんによって神代などの事項(じこう忠実(ちゅうじつではないことを明らかにし,古代(研究に新生面を開いた。『古事記及日本書紀(こじきおよびにほんしょきの研究』『日本上代史(じょうだいしの研究』などの著書(ちょしょ右翼(うよく攻撃(こうげきを受け,1940(昭和15)年に発禁処分(はっきんしょぶんとなって起訴(きそされた。1949年に文化勲章(くんしょうを受章。

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。