ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

つちいっき【土一揆】

室町(むろまち時代,農民(のうみんや下級の武士(ぶしたちが支配(しはい者に対しておこした反抗(はんこう。「どいっき」ともいう。土民(どみん(土着の農民(のうみん)の一揆(いっき一致団結(いっちだんけつすること)という意味で,当時の支配(しはい者がそうよんだ。農村の自治組織(じちそしき発達(はったつしたことを背景(はいけいに,荘園(しょうえん領主(りょうしゅ守護(しゅご大名などに対して,年貢(ねんぐ軽減(けいげん借金(しゃっきん棒引(ぼうびき,関所(せきしょ廃止(はいしなどを要求(ようきゅうして武力(ぶりょく反抗(はんこうした。

 近畿(きんき地方を中心にみられ,1485年の山城国一揆(やましろのくにいっきのように一国を支配(しはいする(れいもあった。

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。