ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

*ツツジ【〈躑躅〉】

被子植物(ひししょくぶつ ツツジ(もく ツツジ(の落葉または常緑(じょうりょく低木(ていぼく。ツツジ(ぞくのうちシャクナゲ(るいをのぞいたものの総称(そうしょう日本には(やく40(しゅが山野に自生し,多くの園芸(えんげい品もつくりだされている。花はじょうご形かつりがね形で,(べに紅紫(こうし・白色など,美しいものが多い。自生(しゅにはヤマツツジ・レンゲツツジ・ミツバツツジ・ウンゼンツツジ・コメツツジ・サツキツツジなどがある。◇園芸(えんげい品にはサツキツツジ・クルメツツジなどに多くの品種(ひんしゅがある。

 園芸(えんげい上,サツキツツジをサツキ,その他のものをツツジといって区別(くべつすることもある。

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。