ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

*つなみ【津波】

地震(じしん火山噴火(ふんかによる海底(かいていの大規模(きぼ地殻変動(ちかくへんどうなどにともなって生じる,ひじょうに波長の長い海水の波。津波(つなみの波長は数百kmにもなり,周期(しゅうきも数十分になるものもある。つたわる速さは海の深さに関係(かんけいがあるが,太平洋では秒速200mくらいでかなり速く,太平洋を十数時間ぐらいでつたわる。1960(昭和35)年のチリ地震(じしんによる津波(つなみの場合は,(やく22時間後に日本に到達(とうたつした。◇波の高さは外洋では数十cm〜数mであるが,海岸に近づくと高くなる。(わんに入るとさらに高まり20〜30mになることもあり,大きな被害(ひがいを受けることがある。

 2011(平成(へいせい23)年3月11日の東北地方太平洋沖地震(おきじしんによる津波(つなみによって,東北(とうほく地方を中心とする太平洋(たいへいよう側は大きな被害(ひがいを受けた。

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。