ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

ツーバイフォーこうほう【ツーバイフォー工法】

基本材木(きほんざいもく構造枠(こうぞうわくをつくり,そこに板を打ちつけて壁面(へきめん全体で住宅(じゅうたくの重さをささえる工法(こうほう基本材木(きほんざいもくに2インチ×4インチ(two by four)角の柱を使うのでこの名がある。工期が短く,建築費(けんちくひが安い。

 北米やカナダで古くから用いられ,日本では1974(昭和49)年から一般(いっぱんにみとめられた。

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。