ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

つみとばつ【罪と罰】

ロシアの文豪(ぶんごうドストエフスキー長編小説(ちょうへんしょうせつ1866年(かん。主人公の(まずしい大学生ラスコーリニコフは「えらばれた強者は凡人(ぼんじんのためにつくられた法律(ほうりつをおかしてもかまわない」という信念(しんねんから,金(しの老婆(ろうばをころしてしまう。犯行(はんこう後,かれははじめて良心(りょうしん呵責(かしゃくに苦しむが,たまたま知り合った売春婦(ばいしゅんふソーニャの自己犠牲(じこぎせい(てっした生き方に感動し自首する。

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。