ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

*つるがおかはちまんぐう【鶴岡八幡宮】

神奈川(かながわ鎌倉(かまくら雪ノ下(ゆきのしたにある八幡宮(はちまんぐう鎌倉八幡宮(かまくらはちまんぐうともいう。平安時代の1063年に,源頼義(みなもとのよりよし石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう鎌倉由比郷鶴岡(かまくらゆいのごうつるがおか(今の由井若宮(ゆいわかみや)に勧請(かんじょうしたのが始まり。1180年に源頼朝(みなもとのよりともによって現在(げんざいの地にうつされた。以来(いらい源氏(げんじ氏神(うじがみ武門(ぶもん守護(しゅご神としてうやまわれた。現在(げんざいでも,(はつもうでの人でにぎわう。◇秋の例祭(れいさい流鏑馬(やぶさめ神事が行われる。

[交通] JR鎌倉(かまくら駅下車,徒歩約(とほやく10分。

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。