ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

つるかめざん【鶴亀算】

ツルとカメの合計匹数(ひきすうと足の本数の和から,それぞれの匹数(ひきすうをもとめるような問題をいう。

 「ツルとカメが合わせて15(ひきいます。その足の合計本数は44本です。ツルとカメはそれぞれ何匹(なんびきいますか」。この解法(かいほうは,すべてツルとすると,足の数が多くなる。その数はカメの分であると考えて(く。典型的(てんけいてき連立方程式(れんりつほうていしきになる問題である。(答えは,ツルが8(ぴき,カメが7(ひき

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。