ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

*ツルゲーネフ(イワン=セルゲービチ=)

(1818〜1883)ロシアの小説(しょうせつ家。大地主の家に生まれたが,幼時(ようじから身近に見る農奴(のうど(せいに反感をいだいていた。大学を卒業(そつぎょう後,ドイツに留学(りゅうがくしてヨーロッパの進歩的(しんぽてきな思想の影響(えいきょうを受け,ロシアの農村のすがたを短編(たんぺん集『猟人(りょうじん日記』(1852年(かん)にえがき,1861年の農奴制廃止(のうどせいはいしに大きな役割(やくわりをはたした。その後,『ルージン』『貴族(きぞく(』『その前夜』『父と子』『処女地(しょじょち』などの作品を発表し,かわりゆくロシアの社会を背景(はいけいに,その時代を生きる人々の苦悩(くのうをえがいた。ほかに『初恋(はつこい』などの小説(しょうせつがある。

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。