ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

つるやなんぼく【鶴屋南北】

(1755〜1829)江戸(えど時代後期の歌舞伎(かぶき脚本(きゃくほん作者。江戸(えどに生まれる。生まれつき芝居(しばいがすきで,21(さいのときから脚本(きゃくほんを書きはじめ,1811年,57(さいで4代目鶴屋南北(つるやなんぼくを名のった。「世話物(せわもの」とよばれる,そのころの町人の生活をうつしだすことにすぐれ,また『東海道四谷怪談(とうかいどうよつやかいだん』をはじめ,怪談劇(かいだんげき独特(どくとく才能(さいのう(しめした。作品の数は多く,(やく120(ぺんを数える。

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。