ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

*つれづれぐさ【徒然草】

鎌倉(かまくら時代の歌人吉田兼好(よしだけんこう随筆(ずいひつ兼好(けんこうが48〜49(さいのときの作といわれ,全編(ぜんぺん243(だんからなる。日常(にちじょう生活のなかでの見聞や感想を,ありのままに書いたもので,作者のゆたかな教養(きょうようと人間味があふれている。書名は序段(じょだんの「つれづれなるままに日暮(ひぐら(すずりにむか(て……」という書きだしからとられた。

 清少納言(せいしょうなごんの『枕草子(まくらのそうし』,鴨長明(かものちょうめいの『方丈記(ほうじょうき』とともに,日本の三大随筆(ずいひつといわれる。

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。