ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

*てこ

(ぼうを1点でささえ,そのまわりを自由に回転できるようにしたもの。小さい力で重い物体を動かそうとするときなどに用いられる。てこには回転の中心となる支点(してんと,てこに力をくわえる力点,てこに力を出させる作用点があり,これら3点の位置(いちによって,3つの種類(しゅるいに分けられる。

〔てこの原理〕 1点O(支点(してん)でささえた(ぼうの2点A(Oからの距離(きょりl1),B(Oからの距離(きょりl2)にそれぞれ重さw1w2のおもりをつるす。この(ぼうが水平になってつりあうのは,w1l1 = w2l2のときである。これをてこの原理という。

〔第1(しゅのてこ〕 支点(してんをはさんで,両側(りょうがわに力点と作用点とがあるてこをいう。うでの長さを大きくすると,小さな力で大きな力をはたらかせることができる。はさみ・ペンチ・くぎ(きなどに利用(りようされている。

〔第2(しゅのてこ〕 支点(してんに対して作用点と力点とが同じ(がわにあって,力点より作用点のほうが支点(してんに近いてこをいう。この(しゅのてこは,小さな力をくわえて大きな力をだすのに用いられる。カッター・かん切り・せんぬきなどは,これを利用(りようしたものである。

〔第3(しゅのてこ〕 支点(してんに対して作用点と力点とが同じ(がわにあって,作用点より力点のほうが支点(してんに近いてこをいう。この(しゅのてこは,くわえた力より小さな力しか(られないが,小さな動きを大きな動きにかえることができる。ピンセット・日本ばさみなどに利用(りようされている。

<戻る

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。