ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

*てんぽうのかいかく【天保の改革】

老中(ろうじゅう水野忠邦(みずのただくにが,1841〜1843(天保(てんぽう12〜14年)に行った江戸幕府(えどばくふ政治改革(せいじかいかく天保(てんぽうのききん大塩平八郎(おおしおへいはちろう(らん・日本近海に出現(しゅつげんする外国船など,社会不安(ふあんの高まるなかで老中(ろうじゅうとなった水野忠邦(みずのただくには,享保(きょうほう改革(かいかく寛政(かんせい改革(かいかくにならって天保(てんぽう改革(かいかく実施(じっしした。倹約(けんやくをすすめ,風俗(ふうぞくをただし,都市にでた農民(のうみんを村に返す(人返し)一方,都市の商業を独占(どくせんする株仲間(かぶなかま解散(かいさんし,江戸(えど大阪周辺(おおさかしゅうへんの大名・旗本領(はたもとりょうを取り上げて,他に代わりの土地をあたえる(上知令(あげちれい)など,改革政治(かいかくせいじを進めた。しかし,その改革(かいかく幕府本位(ばくふほんいできびしすぎたため,2年あまりで失敗(しっぱいに終わった。

 天保(てんぽう改革(かいかくの開始…人はよい(1841)のに水野失敗(みずのしっぱい

 天保(てんぽう改革(かいかく内容(ないよう

1841年…将軍徳川家斉(しょうぐんとくがわいえなりが病死。水野忠邦(みずのただくにによる天保(てんぽう改革(かいかくが始まる。株仲間(かぶなかま解散(かいさん

1842年…諸物価(しょぶっか引き下げ(れいを出す。外国船打払令(うちはらいれいをあらため,燃料(ねんりょう・水・食料(しょくりょう給与(きゅうよをゆるす。柳亭種彦(りゅうていたねひこ為永春水(ためながしゅんすいらの著書(ちょしょ版木(はんぎ没収(ぼっしゅう焼却(しょうきゃくする。

1843年…諸国(しょこく人別(にんべつをあらため,人返しを行う。印旛沼(いんばぬま干拓(かんたくを命じる。江戸(えど10里・大阪(おおさか5里四方の上知令(あげちれいを出す―翌月(よくげつ撤回(てっかい水野忠邦(みずのただくに失脚(しっきゃく

<戻る

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。