ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

**とくがわいえやす【徳川家康】

(1542〜1616)戦国(せんごく安土桃山(あづちももやま時代の武将(ぶしょう江戸幕府(えどばくふ創設(そうせつ者・初代(しょだい将軍(しょうぐん

〔東海一の大大名〕 三河(みかわ愛知(あいち県)岡崎(おかざき城主松平広忠(じょうしゅまつだいらひろただの子で,幼名(ようみょう竹千代(たけちよ。おさないころから駿河(するが静岡(しずおか県)の今川氏(いまがわし人質(ひとじちとなり,駿府(すんぷ(今の静岡(しずおか市)で十数年間の人質(ひとじち時代をすごした。1560年,桶狭間(おけはざま(たたかいで今川氏(いまがわしがやぶれると,岡崎(おかざきに帰って自立。やがて織田信長(おだのぶなが同盟(どうめいをむすび,三河(みかわ一向一揆(いっこういっきを平定して,松平(まつだいら(せい徳川(とくがわとあらためた。このあと,三方ヶ原(みかたがはら(たたかいで武田信玄(たけだしんげん大敗(たいはいしたほかは数度の合戦(かっせん勝利(しょうりし,1582年までに三河(みかわ駿河(するが国・遠江(とおとうみ静岡(しずおか県)・甲斐(かい山梨(やまなし県)を手に入れ,東海一の大大名となった。

江戸幕府(えどばくふを開く〕 信長(のぶながの死後,豊臣秀吉(とよとみひでよしが全国統一(とういつ(たたかいを始めると,これとたたかったが(小牧(こまき長久手(ながくて(たたかい),のち和解(わかいし,秀吉(ひでよし統一(とういつ事業に協力(きょうりょく。1590年の小田原(おだわら平定後,秀吉(ひでよしから関東(かんとうへうつることを命じられ,以後(いご江戸城(えどじょう本拠(ほんきょとして関東(かんとう8か国の経営(けいえいにあたり,五大老(ごたいろうの筆頭で250万(ごく領有(りょうゆうする最有力(さいゆうりょく大名となった。さらに,秀吉(ひでよしの死後におきた関ヶ原(せきがはら(たたか(1600年)に勝って天下支配(しはい実権(じっけんをにぎり,1603年,征夷大将軍(せいいたいしょうぐん(にんじられて江戸幕府(えどばくふを開いた。

豊臣(とよとみ氏をほろぼす〕 家康(いえやすはこのあと,わずか2年で将軍職(しょうぐんしょくを子の秀忠(ひでただにゆずり,駿府(すんぷ引退(いんたいして大御所(おおごしょとよばれたが,いぜん政治(せいじ実権(じっけんはにぎりつづけた。そして,多くのいいがかりをつけて豊臣(とよとみ方を挑発(ちょうはつし,大阪(おおさか(じん豊臣氏(とよとみしをほろぼして天下統一(とういつ完成(かんせい(1615年)。これを(武家諸法度(ぶけしょはっと制定(せいていして,全国の大名に対して幕府(ばくふ命令(めいれいにしたがわせるようにした。翌年(よくねん,75(さいで病死し,(がいは駿府郊外(すんぷこうがい久能(くのう山にほうむられたのち,日光(にっこう栃木(とちぎ県)の東照宮(とうしょうぐう改葬(かいそうされた。

 信長(のぶなが秀吉(ひでよしの統一事業を受けつぎ,江戸幕府(えどばくふを開いて武家政治(ぶけせいじ確立(かくりつさせた。

<戻る

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。