ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

**とよとみひでよし【豊臣秀吉】

(1536/37〜1598)安土桃山(あづちももやま時代,織田信長(おだのぶながのあとをついで天下を統一(とういつした武将(ぶしょう

〔天下の統一(とういつ 中村(なかむら(今の名古屋(なごや市)の農家に生まれ,父はもと足軽(あしがる。はじめ日吉丸(ひよしまるといい,やがて木下藤吉郎(きのしたとうきちろうと名のった。足軽(あしがるとして織田信長(おだのぶながに仕え,才気と行動力で重用され,浅井氏(あさいし滅亡(めつぼう後はその旧領(きゅうりょうをあたえられて長浜城主(ながはまじょうしゅとなり,羽柴秀吉(はしばひでよし改名(かいめい。1582年,中国地方平定のさなかに信長(のぶながの死(本能寺(ほんのうじ(へん)の知らせを受けると,ただちに毛利氏(もうりし和睦(わぼくして引き返し,明智光秀(あけちみつひで山崎(やまざき(たたかでたおし,翌年(よくねんには柴田勝家(しばたかついえ賤ヶ岳(しずがたけ(たたかでやぶり,統一(とういつ事業の後継(こうけい者となった。ついで四国・九州を平定し,1590年,小田原(おだわら神奈川(かながわ県)の北条氏(ほうじょうしをほろぼして天下を統一(とういつした。

秀吉(ひでよし統一政治(とういつせいじ この間,秀吉(ひでよし大阪城(おおさかじょうをきずいて本拠(ほんきょとし(1583年),朝廷(ちょうていから関白(かんぱくついで太政大臣(だいじょうだいじん(にんじられ,豊臣(とよとみ(せいをたまわった。1591年には関白(かんぱく養子(ようし秀次(ひでつぐにゆずり,以後(いご太閤(たいこう(前関白(かんぱくの意味)とよばれた。秀吉(ひでよしは,信長(のぶなが政策(せいさくを受けついで関所(せきしょ廃止(はいしし,楽市(らくいち楽座(らくざ(せいを広げ,重要(じゅうよう都市・鉱山(こうざん直轄(ちょっかつし,貨幣(かへい鋳造(ちゅうぞうした。また,太閤検地(たいこうけんち刀狩(かたながり全国的(ぜんこくてきに行って,農業政策(せいさく兵農分離(へいのうぶんりを進めた。

秀吉(ひでよしの対外政策(せいさく 秀吉(ひでよしは外国との貿易(ぼうえきには熱心(ねっしんで,倭寇(わこうを取りしまるとともに,貿易(ぼうえき従事(じゅうじする日本の商船には朱印状(しゅいんじょうをあたえて保護(ほごした。また,インド・ルソン(フィリピン)・台湾(たいわんにまで国書を送って,貿易(ぼうえきしようとした。キリスト教にははじめ寛大(かんだいであったが,九州平定後,バテレン追放令(ついほうれいを発した(1587年)。ついで,1592年からは(みん国への(たたかいをくわだて,朝鮮侵略(ちょうせんしんりゃく文禄(ぶんろく慶長(けいちょう(えき)は戦況(せんきょうが思うにまかせぬまま,秀吉(ひでよしの死で中止され,結果的(けっかてきには豊臣氏(とよとみし滅亡(めつぼうを早めることになった。

 秀吉(ひでよしが行った太閤検地(たいこうけんち刀狩(かたながりによって封建制度(ほうけんせいど基礎(きそがつくられた。

<戻る

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。