ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

*ながおかはんたろう【長岡半太郎】

(1865〜1950)明治(めいじ〜昭和期の物理学者。長崎(ながさき県に生まれる。帝国(ていこく大学(今の東京(とうきょう大学)物理学科を卒業(そつぎょう。1888(明治(めいじ21)年,磁気(じきひずみ現象(げんしょう金属(きんぞく磁石(じしゃくにすると,体積(たいせきや形が変化(へんかしたり,(ぎゃく磁石(じしゃくをひずませると磁気(じき変化(へんかしたりする現象(げんしょう)の研究を発表して世界的(せかいてきに注目された。さらに原子構造(こうぞうを研究し,1903(明治(めいじ36)年に「長岡(ながおかの原子模型(もけい」を発表。物理学理論(りろん応用(おうようの面でも多くのすぐれた業績(ぎょうせきをのこし,わが国の物理学の発展(はってんの土台をきずいた。◇1937(昭和12)年に第1回文化勲章(くんしょうを受章。

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。