ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

*なんぼくちょうのそうらん【南北朝の争乱】

朝廷(ちょうてい南朝吉野(よしの)と北朝京都(きょうと)に分かれて対立し,約半世紀(やくはんせいきの間(1336〜1392年),くりひろげられた全国的(ぜんこくてき内乱(ないらん1336年,建武(けんむ新政(しんせいにそむいた足利尊氏(あしかがたかうじが九州から東上して京都(きょうとにはいり,持明院統(じみょういんとう光明天皇(こうみょうてんのうをたてたので,大覚寺統(だいかくじとう後醍醐天皇(ごだいごてんのうはひそかに吉野(よしの奈良(なら県)にのがれて南朝を開いた。これに対して京都(きょうと朝廷(ちょうていを北朝といい,以後(いご南北朝(なんぼくちょうの対立が始まった。南朝は,わずかに吉野(よしの地方や九州・東国の一部に勢力(せいりょくをもつにすぎなかったが,足利氏(あしかがしの内わもめや荘園(しょうえん混乱(こんらんなど,多くの社会的(しゃかいてき政治的(せいじてき変動(へんどう背景(はいけいにあったため,対立は長びいた。1392年に,吉野(よしの後亀山天皇(ごかめやまてんのう将軍(しょうぐん足利義満(あしかがよしみつのすすめで京都(きょうとに帰り,北朝の後小松天皇(ごこまつてんのう譲位(じょういする形で南北朝の合一が行われ,南朝はほろんだ。◇南北朝の動乱(どうらん,南北朝の内乱(ないらんともいう。

<戻る

更新日:2017年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。