ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

にじゅうしせっき【二十四節気】

太陽の通り道である黄道(こうどう上にもうけられた24(の分点。また,それらの分点を太陽が通過(つうかする日付(ひづけ黄道(こうどう上の黄経(こうけい0度を春分,15度を清明(せいめい,30度を穀雨(こくう,45度を立夏,…と15度ごとに季節(きせつ関係(かんけいしたよび名がつけられている。昔,中国では月の((けに(こよみの月を合わせ(新月の日を新しい月の1日とする),しかも季節(きせつから大きくはずれないようにうるう月を入れた。そのうるう月を入れる法則(ほうそくに,この二十四節気(せっき重要(じゅうよう役割(やくわりをはたした。日本でも中国暦法(れきほうをそのまま用いたので,天保暦(てんぽうれきまではたいせつな指標(しひょうとなっていた。◇季節(きせつを表すにはよい規準(きじゅんであるので,現在(げんざいでも(こよみにしるされている。

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。