ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

ハナショウブ【〈花菖蒲〉】

(はち植えや,水辺(みずべに植えこみ,また切り花用にもされる宿根草園芸(えんげい上では東京系(とうきょうけい伊勢系(いせけい熊本系(くまもとけい大別(たいべつされる。粘質(ねんしつ土をこのみ,花は白・ふじ・(むらさき紅紫(こうし・青色などで,ぼかし・しぼり・かすり・ふく(りんなどもある。ノハナショウブを改良(かいりょうしたもの。高さ:60〜80cm。自生地:日本・中国東北区・シベリア。(被子植物(ひししょくぶつ キジカクシ(もく(クサスギカズラ(もく) アヤメ(

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。