ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

*はらたかし【原敬】

(1856〜1921)明治(めいじ大正時代政治(せいじ家。岩手(いわて県の生まれ。新聞記者から外務省(がいむしょうに入り,陸奥宗光(むつむねみつにみとめられて外交官(がいこうかんとなった。1900(明治(めいじ33)年の立憲政友(りっけんせいゆう創立(そうりつ参加(さんかし,逓信(ていしん内務大臣(ないむだいじんをへて,政友(せいゆう総裁(そうさい就任(しゅうにん(1914年)。その間,1902年からは盛岡選出(もりおかせんしゅつ代議士(だいぎしとなった。1918(大正7)年,寺内内閣(てらうちないかく騒動(そうどうによって退陣(たいじん後,政友(せいゆう会を中心とした内閣(ないかく組織(そしき(はら華族(かぞく出身でなかったので,「平民(へいみん宰相(さいしょう」として好意的(こういてきにむかえられた。しかし,社会主義(しゅぎ運動を弾圧(だんあつしたり,普通選挙法(ふつうせんきょほうをこばんで強硬(きょうこう政策(せいさくをつづけたため,東京(とうきょう駅で刺殺(しさつされた。

 原内閣(はらないかく陸軍(りくぐん海軍(かいぐん外務(がいむの3相をのぞく大臣(だいじん政友(せいゆう会からえらんだので,わが国で最初(さいしょ本格的(ほんかくてき政党内閣(せいとうないかくとされる。

<戻る

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。