ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

*ヒガンバナ【〈彼岸花〉】

原野の道ばた・田のあぜ・墓地(ぼちなどに生える多年草。一名マンジュシャゲ群生(ぐんせいすることが多い。地下に広だ円形のりん(けいがある。葉は秋にりん(けいからでて翌年(よくねん5月ごろかれる。秋になると40〜50cmの花茎(かけいを直立し,先端(せんたんに6〜8(の赤色の花を開く。実をむすばない。花期:9〜10月。分布(ぶんぷ:本州・四国・九州・沖縄(おきなわ・中国。(被子植物(ひししょくぶつ キジカクシ(もく(クサスギカズラ(もく) ヒガンバナ(

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。