ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

*ひきゃく【飛脚】

江戸(えど時代,手紙やお金・小荷物などを運んだ人。鎌倉(かまくら時代から実用化され,江戸(えど時代にさらに整備(せいびされた。江戸(えど時代の飛脚(ひきゃくには,幕府(ばくふ経営(けいえいで人馬を(ぎかえた継飛脚(つぎびきゃく(かく大名大名飛脚(だいみょうびきゃく民間(みんかん町飛脚(まちびきゃくがあり,街道(かいどう主要(しゅよう都市に設置(せっちされた。1871(明治(めいじ4)年に郵便(ゆうびん制度(せいど成立(せいりつするとなくなった。

 1663年ころ幕府(ばくふ許可(きょか(てできた江戸(えど京都(きょうと大阪(おおさかをむすぶ町飛脚(まちびきゃくは,月3度往復(おうふくしたので三度飛脚(さんどびきゃくともいった。

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。