ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

*ひらたあつたね【平田篤胤】

(1776〜1843)江戸(えど時代末期(まっき国学者。出羽(でわ秋田(あきた県)の生まれ。本居宣長(もとおりのりなが著書(ちょしょを読んで感激(かんげきし,(ゆめのなかで宣長(のりながのゆるしを(たといって,「宣長没後(のりながぼつごの門人」をとなえ国学の研究にはげんだ。そして,(の古道(せつ宗教的(しゅうきょうてき復古(ふっこ神道に発展(はってんさせ,日本は(もっともすぐれた神の国であると主張(しゅちょうした。

 このような考えは,やがて尊王(そんのう思想とむすびついて,幕末(ばくまつ尊王攘夷(そんのうじょうい運動影響(えいきょうをあたえた。

<戻る

更新日:2017年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。