ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

*ぶんめいかいか【文明開化】

明治(めいじ時代初期(しょきに,西洋文明を急速にとりいれて近代化していった動き。

〔西洋文明の流入〕 明治政府(めいじせいふは,日本の近代化を進めるため,欧米諸国(おうべいしょこく制度(せいど技術(ぎじゅつなどをさかんにとりいれた。このため,明治(めいじ時代初期(しょきには,欧米(おうべいの文化が急速に流入し,風俗(ふうぞく(食住にも大きな変化(へんかがおきた。しかし,こうした動きは都市中心で,農村にはあまりいきわたらなかった。

 西洋文明のうわべだけのまねにすぎないものも多かった。

〔文明の内容(ないよう

(1)教育・思想…無学(むがくな者をなくそうとして学制(がくせい発布(はっぷされ,近代的(きんだいてきな学校制度(せいどが生まれて,高等教育機関(きかん誕生(たんじょうした。本木昌造(もときしょうぞう(なまりの活字による活版印刷(かっぱんいんさつを開始し,新聞雑誌(ざっしが急速に発達(はったつした。福沢諭吉(ふくざわゆきち中江兆民(なかえちょうみんらによって西洋の自由・平等の近代思想が紹介(しょうかいされ,のちの自由民権(みんけん運動に大きな影響(えいきょうをあたえた。

(2)生活の変化(へんか…1872(明治(めいじ5)年に太陽(れき採用(さいようし,やがて1日24時間(せい七曜制(しちようせい実施(じっし断髪令(だんぱつれいが出されて,ちょんまげ頭はザンギリ頭にかわった。都市では,れんがづくりの洋風建築(けんちくがたちならび,舗装(ほそうされた道路を,鉄道馬車人力車が走るようになった。ガス(とうランプが使われ,洋服を着て帽子(ぼうしをかぶり,(くつをはく人もふえた。懐中(かいちゅう時計やこうもり(がさをもつことは紳士(しんし(ほこりとされ,牛肉・牛乳(ぎゅうにゅう・パン・西洋料理(りょうりなどが食生活にとりいれられた。

<戻る

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。