ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

ベッドタウン

大都市周辺(しゅうへんにあり,大都市への通勤(つうきん者が多く,昼間は人口が少ない郊外住宅(こうがいじゅうたく地をさす。昭和30年代(1955〜64年)後半から東京近郊(とうきょうきんこう出現(しゅつげんし,今や全国の中核(ちゅうかく都市周辺(しゅうへんには,そうよばれる市町村が点在(てんざいしている。これは第3次産業(さんぎょうがさかんになり,企業(きぎょうの本社のほとんどが都市部に集中し,都市ではたらく人々の住居(じゅうきょ必要性(ひつようせいから生まれた。東京(とうきょう都の武蔵野(むさしの国立(くにたち大阪府(おおさかふ豊中(とよなか兵庫(ひょうご芦屋(あしやなどはその代表(れい

<戻る

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。