ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

**むらさきしきぶ【紫式部】

(978?〜1014?)『源氏物語(げんじものがたり』を書いた平安時代の作家・歌人。藤原為時(ふじわらのためとき(むすめ式部(しきぶの家は,代々すぐれた歌人や学者を出している家系(かけいで,かの女も,小さいときから学問をこのみ,和歌・音楽・仏典(ぶってんなどの教養(きょうようを身につけた。22(さいのころ,藤原宣孝(ふじわらののぶたか(つまとなり1女をもうけるが,間もなく宣孝(のぶたかが急死。(おっとをうしなった悲しみをのりこえて,式部(しきぶが『源氏物語(げんじものがたり』を書きはじめたのは,このころといわれている。その後,1005年に一条天皇(いちじょうてんのう中宮(ちゅうぐう皇后(こうごう彰子(しょうしに仕えながら『源氏物語(げんじものがたり』を書きすすめ,1007年か1008年ころ完成(かんせいしたといわれている。◇式部(しきぶにはほかに,(みや仕えのようすを書きとめた『紫式部日記(むらさきしきぶにっき』と,和歌をまとめた『紫式部集(むらさきしきぶしゅう』がある。

 紫式部(むらさきしきぶというのは実名ではなく,彼女(かのじょの父や兄が式部省(しきぶしょうの役人であったことと,『源氏物語(げんじものがたり』に登場する「(むらさき(うえ」の名から,当時の人々がつけたよび名だといわれている。

<戻る

更新日:2017年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。