ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

モホロビチッチふれんぞくめん【モホロビチッチ不連続面】

地殻(ちかくマントル境界(きょうかい面。モホ面ともいう。1909年,(きゅうユーゴスラビアのモホロビチッチは,地震(じしんのつたわる速度が地表から30kmないし50kmの深さの所で秒速6〜7kmから秒速(やく8kmにまで不連続的(ふれんぞくてき増大(ぞうだいすることを見いだした。この不連続(ふれんぞくのおこる面がモホ面である。なぜ速度の不連続(ふれんぞくがおこるかについては諸説(しょせつがあるが,地殻底部(ちかくていぶ玄武岩(げんぶがん(しつ岩石からなり,マントルがかんらん岩を主とする岩石からなるためというのが(もっと一般的(いっぱんてきな考えである。

 モホ面の深さは,海洋地域(ちいきでは海底(かいてい(やく7kmぐらいである。

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。