ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

*ゆうびん【郵便】

手紙やはがき・小包(こづつみなどの郵便(ゆうびん物を,一定の組織(そしきによって国内・国外に送りとどけること。(たん郵便(ゆうびん物をさすこともある。電信(でんしん・電話とならぶ通信(つうしん(もっと一般的(いっぱんてき方法(ほうほうである。信書(しんしょ秘密(ひみつを守り,国民(こくみんが公平に,安い料金(りょうきん利用(りようできるように,国の事業として行われたが,民営(みんえい化された。直接(ちょくせつには郵便(ゆうびんがとりあつかっている。◇近代的(きんだいてき郵便制度(ゆうびんせいどができたのは,1840年にイギリスで,ローランド=ヒルの提案(ていあんによって郵便改革(ゆうびんかいかくが行われてからのこと。わが国では1871(明治(めいじ4)年,前島密(まえじまひそかによって始められた。

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。