ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

**りつりょうこっか【律令国家】

律令(りつりょうにもとづく中央集権(しゅうけん国家。

律令(りつりょう国家の成立(せいりつ 大化(たいか改新(かいしん(645年)で,(とう(中国)の律令(りつりょうにならった新しい政治(せいじ方針(ほうしん(しめされ,壬申(じんしん(らん(672年)をへて中央集権(しゅうけん化が進み,701年の大宝律令(たいほうりつりょう制定(せいていによって,天皇(てんのう頂点(ちょうてんとする律令(りつりょう国家が成立(せいりつした。政治(せいじのしくみは,中央に二官八省(にかんはっしょうの役所をおき,地方は(こく(ぐん(に分け,北九州に大宰府(だざいふ設置(せっちした。班田収授法(はんでんしゅうじゅのほうをしいて,人々に口分田(くぶんでんをあたえ,(調(ちょう(よう(ぜい雑徭(ぞうよう労役(ろうえき)を(し,公民(こうみん男子には兵役(へいえき義務(ぎむをおわせた。

律令(りつりょう国家の盛衰(せいすい 律令(りつりょう国家にふさわしい都として,(とうの都の長安(ちょうあん(今の西安(シーアン)にならって平城京(へいじょうきょう造営(ぞうえいされ,(とうの文化や仏教(ぶっきょう影響(えいきょうを受けた天平(てんぴょう文化が花を開き,奈良(なら時代中期に律令(りつりょう国家の最盛(さいせい期をむかえた。しかし,生活に苦しむ農民(のうみん逃亡(とうぼう私有(しゆう地の増加(ぞうかによる公地公民(こうみん(せいのくずれなどから,奈良(なら時代後期に律令(りつりょう国家の基礎(きそがゆらぎ,これ以後(いご,しだいにくずれていった。

 平安時代摂関政治(せっかんせいじが始まると,名目的(めいもくてきには律令(りつりょう国家であったが,実質的(じっしつてき(はたらきは弱まった。

<戻る

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。