ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

レーザー

光の波を発生,または同期的(どうきてき増幅(ぞうふくする装置(そうちの一種。光メーザーともいう。laserはlight amplification by stimulated emission of radiation(誘導(ゆうどう放出による光増幅(ぞうふく)の略語(りゃくご

〔レーザー光の発生〕 なんらかの原因(げんいんエネルギーがあたえられ,高いエネルギー状態(じょうたいにある原子は,不安定(ふあんていでもとのエネルギーの(ひく状態(じょうたいにもどろうとする。このとき特定(とくてい振動(しんどうの光を発する。これを自然(しぜん放射(ほうしゃという。自然放射(しぜんほうしゃをおこす原子を容器(ようきに入れ,放電(かん点灯(てんとうさせると,(ひくいエネルギー状態(じょうたいの原子より高いエネルギー状態(じょうたいの原子が多い状態(じょうたいになる。このことをポンピングという。ポンピングにより高いエネルギーの状態(じょうたいになった一部の原子が自然放射(しぜんほうしゃにより光を放射(ほうしゃする。この光がまわりの高いエネルギー状態(じょうたいの原子に作用して誘導放射(ゆうどうほうしゃを次々とおこさせ,強い光となる。光の増幅(ぞうふくがある程度(ていど進み強度が大きくなると光は(かがみ透過(とうかして容器(ようきの外に出ていく。これがレーザーである。

固体(こたいレーザー〕 レーザー作用を行う原子を透明固体(とうめいこたいの中にうめこんだものが固体(こたいレーザーであり,その代表的(だいひょうてきなものがルビーレーザーである。酸化(さんかアルミニウムにクロムを少し入れた結晶(けっしょうをつくり,クロム原子をポンピングすると,694.3nm(ナノメートル)の赤いレーザー光が発生する。

 このほか,ガスレーザーや半導体(はんどうたいレーザーがある。

〔レーザー光の特徴(とくちょう 自然(しぜんはいろいろな波長の光をふくんでいるが,レーザー光は同じ方向に進む(たん波長の光なので,物性(ぶっせい分光学的(ぶんこうがくてき研究,光レーダー距離(きょり位置(いち精密測定(せいみつそくてい超高密度通信(ちょうこうみつどつうしん,さらに工業や医学など多方面で利用(りようされている。

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。