ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

レソト(王国)

アフリカ南部,南アフリカ共和国(きょうわこくにかこまれた内陸(ないりく国。政体(せいたい立憲(りっけん君主(せいで,元首は国王。首都マセル。国土のほとんどが標高(ひょうこう1500〜3000mの高地にある。主産業(さんぎょうは小麦・トウモロコシなど自給(じきゅう用作物の栽培(さいばい。羊毛などの輸出(ゆしゅつ少額(しょうがくで,南アフリカ共和国(きょうわこくへの出かせぎ労働(ろうどう者からの送金にたよっている。18世紀以降(せいきいこう,ソト族を中心にバンツー(けい部族が定住。1818年ソト族の統一(とういつ王国が成立(せいりつ。1868年イギリス保護領(ほごりょうバストランドとなり,1966年独立(どくりつ面積(めんせき:3.0万km2,人口:217万。

〔国名の由来〕 18世紀以降(せいきいこうここに定住したソト族にちなむ。「ソト族の国」の意味。

国旗(こっきの由来〕 青色は空と雨を,白は平和を,緑は繁栄(はんえいを表す三色旗で,中央には帽子(ぼうし好きな国民を象徴(しょうちょうする民族的(みんぞくてきなレソト(ぼう(バント(ぼう)をかたどっている(2006年10月4日の独立(どくりつ40周年(しゅうねん記念(きねんして国旗(こっき変更(へんこう)。

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。