ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

レーダーきしょうかんそく【レーダー気象観測】

気象(きしょうレーダーによって広い範囲(はんい降水(こうすい状況(じょうきょう観測(かんそくすること。気象(きしょうレーダーは,電波を利用(りようして降水域(こうすいいき位置(いちや強度,移動(いどう即時(そくじ観測(かんそくできるので,台風豪雨(ごうう豪雪(ごうせつ雷雨(らいうなどの状況(じょうきょうを知るのにきわめて有効(ゆうこうである。

 全国20か所に気象(きしょうレーダーがあって日本列島をカバーしており,また主要(しゅよう空港には空港気象(きしょうレーダーも設置(せっちされている。

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。