ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

レバノン(共和国)

西アジア地中海に面する国。政体(せいたい共和政(きょうわせいで,元首は大統領(だいとうりょう。首都ベイルート地中海岸に並行(へいこうして2つの山脈(さんみゃくが走り,平地は海岸平野と両山脈(さんみゃく間のベカー高原のみ。農業の中心は野菜(やさい果実(かじつで,穀物(こくもつ自給(じきゅうできない。古代にフェニキア人が多くの都市国家をきずき,商業活動に従事(じゅうじした。ローマ・アラブ人・オスマン帝国(ていこくなどの支配(しはいをへて,第一次世界大戦(たいせんフランス委任統治(いにんとうち(りょうとなり,1943年独立(どくりつ住民(じゅうみんの大部分はアラブ人であるが,宗教(しゅうきょうイスラム教諸派(しょはキリスト教諸派(しょはがあって複雑(ふくざつ。1958年からたびたび内戦(ないせんが発生,イスラエル侵攻(しんこうシリア(ぐん進駐(しんちゅうもあって混乱(こんらんしたが,1991年に平和が回復(かいふくした。面積(めんせき:1.0万km2,人口:423万。

〔国名の由来〕 「白の山脈(さんみゃく」を意味する古代のアラム語に由来する。

国旗(こっきの由来〕 赤は犠牲(ぎせい,白は平和を表す。白地中央のレバノンスギは国のシンボル。フェニキア人はこの木で船をつくり,地中海各地(かくちに進出した。

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。