ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

*レンズ

ガラスや水晶(すいしょうなどの透明(とうめいな物体の両側(りょうがわの面を球面または球面と平面にみがいたもので,光の屈折(くっせつおよび反射(はんしゃ利用(りようして光を集めたり,広げたりさせ,光を伝送(でんそうしたり,物体の(ぞうをつくったりする作用をもつもの。両球面の中心をむすぶ直線を光軸(こうじくといい,光軸(こうじくの部分の(あつさが(ふちの部分より(あついものを(とつレンズ,中央が(ふちの部分よりうすいものを(おうレンズという。(とつレンズは両面の形により両(とつレンズ・平(とつレンズ・正メニスカスレンズに分けられ,光束(こうそくを集める作用をもつ。(おうレンズは両(おうレンズ・平(おうレンズ・負メニスカスレンズに分けられ,光を広げる作用をもつ。

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。