ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

*わこう【倭寇】

13世紀末(せいきまつから16世紀(せいきにかけて,朝鮮(ちょうせん半島や中国の沿岸(えんがんをあらした海賊(かいぞく集団(しゅうだんのよび名。はじめのころ,日本人が北九州・瀬戸内(せとうち地方を基地(きちにして朝鮮(ちょうせん半島・中国の沿岸(えんがんをおそい,米や人をうばいとった。このため,(みん王朝は日本にとりしまりを要求(ようきゅうし,室町幕府(むろまちばくふとの間に貿易(ぼうえき勘合貿易(かんごうぼうえき)を開くこととした。この貿易(ぼうえきが中止されると,ふたたび倭寇(わこう(後期倭寇(わこうという)の活動がはげしくなり,貨幣(かへいや商品をうばい,被害(ひがいは中国の全海岸におよんだ。このころの倭寇(わこうは中国人が多くなり,ポルトガル人の場合もあった。

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。