ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

かくさしゃかい【格差社会】

1990年代終わりころから,日本の社会が経済的(けいざいてき・社会(てき・文化(てきに2層化(そうか,とくに経済面(けいざいめんでの格差(かくさ拡大(かくだいしているのではないかという問題意識(いしきを表した言葉。高度経済成長(けいざいせいちょう時代には「1億総(おくそう中流社会」とよばれ経済的(けいざいてきに平等な国といわれた日本の社会が,バブル経済(けいざい崩壊(ほうかい後,国民(こくみんの間には所得(しょとく資産額(しさんがくなどの格差(かくさが広がっているという議論(ぎろんがさかんになった。その背景(はいけいには,不況期(ふきょうき企業倒産(きぎょうとうさんリストラ新卒者(しんそつしゃ就職難(しゅうしょくなん,そして終身雇用制(しゅうしんこようせい年功序列制度(ねんこうじょれつせいどなどの日本的雇用制度(てきこようせいど崩壊(ほうかいがあり,人件費削減(じんけんひさくげんのため正社員ではなくパート社員や派遣(はけん社員などを活用する企業(きぎょう急増(きゅうぞうするなかで,人々の間に所得(しょとく雇用環境(こようかんきょう格差(かくさ拡大(かくだいしており,(公平感も生まれているという。さらに高齢者(こうれいしゃ貧困(ひんこん,地方と都市の経済的格差(けいざいてきかくさがとりあげられ,経済的格差(けいざいてきかくさが教育や社会的地位(てきちい格差(かくさにまで(むすびつけられて問題にされている状況(じょうきょうにある。

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。