ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

ダライ=ラマ

チベット仏教(ぶっきょう(ラマ教)において,政治的(せいじてきな立場もかねる,宗教的(しゅうきょうてき最高指導者(さいこうしどうしゃ。ダライ・ラマとは「大海のような(とくをもった高僧(こうそう」の意味の称号(しょうごう。観音菩薩(ぼさつ化身(けしんといわれ,代々前代のダライ・ラマの生まれ(わりとされる子ども(転生活仏(てんせいかつぶつ)を(さがし,次のダライ・ラマが(えらばれる。15世紀初(せいきはじめの高僧(こうそうゲドゥン・トゥプを初代(しょだいとして,1642年,第5代のダライ・ラマがチベットを統一(とういつして法王(ほうおうと国王をかね,ポタラ宮を造営(ぞうえい。その後,外国列強のさまざまな圧力(あつりょくを受けながら,宗教的独立(しゅうきょうてきどくりつ自治(じちをたもってきたが,現在(げんざいの第14代ダライ・ラマ(テンジン・ギャツォ)の1950年,中華人民共和国(ちゅうかじんみんきょうわこく(ぐんがチベットへ進駐(しんちゅう,チベット併合(へいごう。1959年3月のラサ暴動(ぼうどうをきっかけにダライ・ラマはインドへ亡命(ぼうめい,インド北部のダラムサラにチベット亡命政府(ぼうめいせいふ樹立(じゅりつした。

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。