ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

れいぜいけ【冷泉家】

平安時代中期の太政大臣(だいじょうだいじん藤原道長(ふじわらのみちながの6男,長家(ながいえにはじまる公家の家系(かけいで,平安時代末期(まっき鎌倉(かまくら時代前期の歌人,藤原俊成(ふじわらのとしなり定家(ていか父子を出したことでも知られる,和歌を家業として朝廷(ちょうていに仕えた家柄(いえがら鎌倉(かまくら時代中期の為相(ためすけから冷泉家(れいぜいけを名のった。明治(めいじ平成(へいせい時代,多くの公家貴族(きぞく没落(ぼつらくしていくなか,第二次世界大戦(たいせん終戦(しゅうせんまで皇室(こうしつの歌道指南役を(つとめ,家の伝統(でんとうを守りつづけてきた貴重(きちょう家柄(いえがら京都御所(きょうとごしょの北(どなりに(のこ冷泉家屋敷(れいぜいけやしき現存(げんそんする唯一(ゆいいつの公家屋敷(やしきとして国の重要(じゅうよう文化(ざいに指定されている。屋敷内(やしきないには藤原定家(ふじわらのていかの日記『明月記(めいげつき』をはじめとする800年間の貴重資料(きちょうしりょう2万点以上(いじょう保存(ほぞんされ,「古文書の正倉院(しょうそういん」ともよばれている。また,家の伝統的(でんとうてき習俗(しゅうぞくやしきたりも守りつづけられており,映像(えいぞう出版物(しゅっぱんぶつでも紹介(しょうかいされている。1981(昭和56)年,冷泉家(れいぜいけ当主が理事長を(つとめる財団法人(ざいだんほうじん冷泉家時雨亭(れいぜいけしぐれてい文庫」が設立(せつりつされ,資料(しりょう保存(ほぞん・公開が行われている。藤原俊成(ふじわらのとしなり藤原定家(ふじわらのていか

<戻る

更新日:2018年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。