ニューワイド学習百科事典+キッズネットサーチ

ボルダリング

巨石(きょせき(ひく人工(じんこう(かべを,道具(どうぐ装具(そうぐ使(つかわずに((あしだけで(のぼスポーツフリークライミングの1つで,1970年代(ねんだいにアメリカで(はじまったとされる。森林(しんりん河原(かわらにある巨石(きょせき室内(しつない人工壁(じんこうへき(のぼり,人工壁(じんこうへきではホールドとよばれる(いろのついた突起物(とっきぶつにつかまって(のぼる。専用(せんようのクライミングシューズとチョーク((すべ(めの(こな)を使(つかい,ロープは使(つかわない。日本でも老若男女(ろうにゃくなんにょ気軽(きがる(たのしめるスポーツとして普及(ふきゅうし,専用(せんよう室内(しつないジムが(えている。◇ボルダリング(bouldering)の名称(めいしょうは,英語(えいごで「巨石(きょせき」を意味(いみする“boulder”から派生(はせいした言葉(ことば

<戻る

更新日:2017年4月

Copyright (C) (株)学研プラス 無断複製・転載を禁ず

関連語マップ

この用語と関連のある用語のマップです。線の太さは関連度の強さを表します。

関連語のリスト

・学習百科事典の機能向上のため、このフォームより、感想をお聞かせください。

・パソコンの環境により、関連語マップがあらわれない場合があります。

関連語マップは、筑波大学・延原研究室と学研キッズネット編集部の共同研究により開発されたものです。