メニュー閉じる

ふじこふじお【藤子不二雄】

昭和(しょうわ平成(へいせい時代の,藤本弘(ふじもとひろし(1933〜1996)と安孫子素雄(あびこもとお(1934〜 )の2人の漫画家(まんがかの共同ペンネーム。ともに富山(とやま県に生まれる。小学校時代からの同級生で,中学・高校時代から漫画(まんがを合作,投稿(とうこうなどをしていたが,1951(昭和(しょうわ26)年,「毎日小学生新聞」に投稿(とうこうした4コマ漫画(まんが『天使の玉ちゃん』でデビュー。この年,東京に来てあこがれの手塚治虫(てづかおさむにも対面している。54年に上京し,のち東京・豊島(としま区のアパート「トキワ(そう」で赤塚不二夫(あかつかふじお石森(いしもり(石ノ森)章太郎(しょうたろうらと共同(きょうどう生活をしながら読み切りや連載漫画(れんさいまんがを発表。このころから「藤子不二雄(ふじこふじお」のペンネームを使うようになった。63年に連載(れんさいを開始した『オバケのQ太郎(きゅうたろう』が大ヒットとなり人気漫画家(まんがか地位(ちい不動(ふどうのものとした。ただし合作はここまでで,『パーマン』『21(にじゅういちエモン』など子供(こども向きのギャグ・SF漫画(まんが藤本(ふじもと,『忍者(にんじゃハットリくん』『怪物(かいぶつくん』など怪奇(かいきやブラックユーモア志向(しこう安孫子(あびこと,別々(べつべつに作品を(えがき,それを共同(きょうどうのペンネームで発表するようになっていった。70年に連載(れんさいが開始された藤本(ふじもと作の『ドラえもん』が徐々(じょじょに,そしてやがて爆発的(ばくはつてきな人気を獲得(かくとくするようになった1987(昭和(しょうわ62)年,コンビ解消(かいしょう藤本(ふじもと藤子(ふじこF(エフ不二雄(ふじお安孫子(あびこ藤子不二雄A(ふじこふじおエイのペンネームをそれぞれ使うようになった。テレビ・アニメ化された作品は数多い。

PAGETOP