PR

  メニュー閉じる

PR

調べ学習

世界でいくつ? 新しいくすりをつくれる国 日本の研究開発力

調べ学習 世界でいくつ? 新しいくすりをつくれる国 日本の研究開発力

新しいくすりを開発できる国はわずかしなかい。その中で日本は世界第2位! それはなぜなんだろう?

調べ方

新しいくすり(新薬[しんやく])を開発できる国は世界でもわずかである。日本はそのひとつで、日本で開発されたくすりが、世界で役立っている。新薬が開発できる国について、日本製薬工業協会(にほんせいやくこうぎょうきょうかい)「日本で開発され、世界で注目されているくすりはありますか」のサイトを参考にして、新薬の研究開発について調べてみよう。

まとめ方

新薬を開発できる国はどこかを調べ、地図やグラフなどでしめそう。各国の場所や特ちょうも書こう。

■新薬の研究開発ができる国

新薬の開発には、高度な技術(ぎじゅつ)が必要で、世界でも新薬を開発できる国はわずかしかない。日本は、新薬の開発数が世界第2 位と、すぐれた新薬開発の技術がある。

■日本のすぐれた技術力

新薬の開発ができるのは、その国の技術力が高いことのあかしでもある。世界2 位の新薬開発国である日本も、高度な技術をほこる。新薬の研究開発につながる研究で、いくつものノーベル賞受賞者を出していることからもわかる。

まとめ

新薬を開発できる国は世界でも10数か国しかない。日本もそのひとつで、新薬を開発する技術にすぐれ、世界でも上位クラスにランキングされる。また、新薬開発につながる研究により、ノーベル賞を受賞した研究者も多い。

くすりのヒミツを大研究へ

くすり研究所

くすりの情報Q&A

PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PAGETOP