PR

  メニュー閉じる

観察

食べて残った種をまいたら?

観察 食べて残った種をまいたら?

料理をつくるとき、いつもはすててしまう野菜や果物の種。種にもいろいろな形があるよ。たくさん集めて観察してみよう。そして、その種を育てると芽を出すのか、実験してみよう!

用意するもの

  • トマト、カボチャ、パプリカ、リンゴの種
  • プラスチック容器(ようき)
  • 輪ゴム
  • はさみ
用意するもの

実験方法

料理をつくるときにすててしまう野菜や果物の種を集めて育てよう。毎日観察して、そのようすを写真にとったりイラストをかいたりして、記録していこう。

1

料理をつくるとき、種をすてずに集めて、ていねいにあらう。

2

プラスチック容器の底のサイズに合わせてキッチンペーパーを切って、しく。

3

キッチンペーパーがひたるくらいに 水を注いで、キッチンペーパーに種を置く。

4

プラスチック容器のふたをして輪ゴムでとめる。
あたたかいところに置く。

5

毎日種のようすを観察する。 キッチンペーパーがかわく前に水をそそぐ。

結果

こんなふうになるよ。

なぜ? どうして?

種の中には、葉や根になる部分、それらが成長するための栄養(えいよう)分があります。これらは発芽するために準備(じゅんび)しています。発芽(はつが)の条件(じょうけん)として「水」「空気」「適当(てきとう)な温度」があれば芽がでます。

発展

トウモロコシの子実やポップコーン豆でも試してみよう。

まとめ方

種の準備のしかたや育て方、観察方法を書こう。毎日観察したようすを写真やイラストといっしょにまとめよう。

まとめ方のコツ 実験の例」を見てみよう

注意

  • 実験をする前に、やり方をよく読んでからはじめよう。
  • はさみやつめ切りなどを使うときは、ケガをしないように注意すること。
  • 種をなめたり、鼻や口に入れたりしないこと。特に大きめの種をあやまって飲(の)みこむと、ちっそくのおそれがあります。
  • 固(かた)い野菜などを切る時は、必ずおうちの人とやろう。
  • プラスチック容器(ようき)のはしで手指を切ったりしないように注意すること。
  • 輪ゴムを人にむかって飛ばしたりしないこと。
  • ぬらしたキッチンペーパーを口や鼻に当てたりしないこと。
  • 実験中の種は、あやまって食べてしまったりしないように小さな子の手のとどかないところに置くこと。
  • 野菜や果物の種を、公園などに勝手に植えたりすてたりしないこと。
  • 実験のあとは手あらいとあとかたづけをしよう。ゆかに置いたままにすると、ふみつけてケガをすることがありあぶないよ。
PR
PR
PR

PAGETOP