PR

  メニュー閉じる

PR

実験

海の水からきれいな塩を作ろう

実験 海の水からきれいな塩を作ろう

海の水からきれいな塩を作る実験をしてみよう。

実験方法

海の水からきれいな塩を作る実験をする。できた塩を、ルーペなどで観察して、形や大きさを家にある塩と比べてみる。また、本やインターネットなどで、塩のでき方や成分などについて調べる。

まとめ方

海の水から塩を作る実験の手順と結果をイラストや写真でまとめよう。実験をしてわかったことや、できた塩と家庭の塩を比べてわかったことをまとめよう。

用意するもの

海水、ペットボトル、ろ紙、はさみ、なべ、土なべ

実験の進め方のコツを見てみよう

実験のまとめ方の例を見てみよう

実験をするときの注意

実験をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。

  • 実験をするときは、必ずおうちの人に実験することを伝えておこう。
  • 実験に使う材料(ざいりょう)や道具などは、使ってよいものかどうか、おうちの人ひとに確(たし)かめよう。
  • 火や化学薬品、電気製品(せいひん)などを使うときは、かならずおうちの人といっしょにしよう。
  • つまようじやフォーク、シャープペンシルのしんなど、先のとがったものを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • はさみやカッターナイフを使うときは、けがをしないように気をつけよう。
  • むずかしい実験をするときは、おうちの人に手伝ってもらおう。
  • 実験に使った食べ物などは、絶対(ぜったい)に口に入れないこと。
  • 実験が終わったらきちんとあとかたづけをし、実験に使ったものを、家族が口に入れたりしないように気をつけよう。
  • 実験で使ったものや作った作品は、小さい子の手のとどかない場所にしまうこと。
  • 実験をしたあとは、必ず手をよくあらうこと。

協力:たばこと塩の博物館

PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PAGETOP