PR

  メニュー閉じる

PR

実験

すっぱさのヒミツは?
手作(てづく)りリトマス()研究(けんきゅう)

PR
実験 すっぱさのヒミツは?</br><ruby><rb>手作</rb><rp>(</rp><rt>てづく</rt><rp>)</rp></ruby>りリトマス<ruby><rb>紙</rb><rp>(</rp><rt>し</rt><rp>)</rp></ruby>で<ruby><rb>研究</rb><rp>(</rp><rt>けんきゅう</rt><rp>)</rp></ruby>!

液体(えきたい)性質(せいしつ)によって(いろ)()わる「リトマス()」。このリトマス()()効果(こうか)をもつ試験(しけん)()身近(みぢか)材料(ざいりょう)手作(てづく)りして、ヨーグルトのすっぱさのひみつを研究(けんきゅう)してみよう!

【なぜ?】ヨーグルトはすっぱい、でも牛乳(ぎゅうにゅう)はすっぱくない

砂糖(さとう)(はい)っていない「プレーンヨーグルト」を()べたことがあるかな? ちょっとすっぱいよね。でも、原料(げんりょう)となる牛乳(ぎゅうにゅう)はすっぱくない。どうしてヨーグルトはすっぱいんだろう?

砂糖(さとう)(はい)っていないプレーンヨーグルト。ジャムやはちみつ、フルーツなどといろいろ()()わせて()べるほか、(あま)くないから料理(りょうり)にも使(つか)われるよ。

研究(けんきゅう)のヒント!

ビヒダス博士(はかせ)

「”(あじ)”は水溶液(すいようえき)性質(せいしつ)ともかかわりが(ふか)い。まずは、科学(かがく)実験(じっけん)でもよく使(つか)われる『リトマス()』を使(つか)って、ヨーグルトの性質(せいしつ)調(しら)べてみよう! このすっぱさには、ヨーグルトがおなかに()いといわれるヒミツがかくされているよ。」

リトマス()って(なに)

リトマス()は、リトマス試験(しけん)()ともいって、液体(えきたい)性質(せいしつ)調(しら)べることができる理科(りか)実験(じっけん)用品(ようひん)のこと。

液体(えきたい)性質(せいしつ)には、「酸性(さんせい)」や「アルカリ(せい)」がある。その中間(ちゅうかん)性質(せいしつ)は、「中性(ちゅうせい)」というよ。リトマス()は、青色(あおいろ)のものと赤色(あかいろ)のものの2種類(しゅるい)がある。そして、液体(えきたい)をつけると、酸性(さんせい)やアルカリ(せい)反応(はんのう)して(いろ)()わる。この(いろ)変化(へんか)で、液体(えきたい)酸性(さんせい)かアルカリ(せい)か、中性(ちゅうせい)かがわかるというしくみなんだ。

青色(あおいろ)リトマス()赤色(あかいろ)変化(へんか)
赤色(あかいろ)リトマス()変化(へんか)なし
→→この液体(えきたい)酸性(さんせい)

青色(あおいろ)のリトマス()赤色(あかいろ)になったら、その液体(えきたい)酸性(さんせい)酸性(さんせい)(つよ)いほどリトマス()もこい(いろ)変化(へんか)するよ。

青色(あおいろ)リトマス()変化(へんか)なし
赤色(あかいろ)リトマス()青色(あおいろ)変化(へんか)
→→この液体(えきたい)「アルカリ(せい)

赤色(あかいろ)のリトマス()青色(あおいろ)になったら、その液体(えきたい)はアルカリ(せい)。アルカリ(せい)(つよ)いほどこい(いろ)変化(へんか)するよ。

青色(あおいろ)リトマス()変化(へんか)なし
赤色(あかいろ)リトマス()変化(へんか)なし
→→この液体(えきたい)中性(ちゅうせい)

青色(あおいろ)のリトマス()赤色(あかいろ)のリトマス()変化(へんか)しなかったら、その液体(えきたい)中性(ちゅうせい)

水溶液(すいようえき)性質(せいしつ)は「pH(ピーエイチ)」という単位(たんい)(あらわ)すこともある。pHの数値(すうち)通常(つうじょう)1~14で、()(なか)の7が中性(ちゅうせい)、それよりも(ちい)さい場合(ばあい)酸性(さんせい)(おお)きい場合(ばあい)はアルカリ(せい)だ。

かんたんリトマス()をつくってみよう!

本来(ほんらい)のリトマス()は「リトマスごけ」という生物(せいぶつ)原料(げんりょう)にしている。でも、(おな)じように酸性(さんせい)やアルカリ(せい)調(しら)べることができるものを、身近(みぢか)材料(ざいりょう)でつくることもできるんだ。ここではむらさきキャベツを使(つか)った(つく)(かた)をしょうかいするよ。

むらさきキャベツでつくった試験(しけん)()

用意(ようい)するもの

・むらさきキャベツ

包丁(ほうちょう)

・まな(いた)

・なべ

・コンロ

・こしき(ザル)

・コップ

・キッチンペーパー

・わりばし

・はさみ

・じょうぎ

むらさきキャベツ。

(つく)(かた)

包丁(ほうちょう)やコンロの()使(つか)うので、(かなら)ずおうちの(ひと)といっしょに(つく)ろう。
※よごれてもいい(ふく)場所(ばしょ)実験(じっけん)しよう。

1 むらさきキャベツを包丁(ほうちょう)(こま)かくきざむ((ゆび)でちぎってもいいよ)。

2 なべに500mLの(みず)とむらさきキャベツを()れて(やく)10分間(ぷんかん)にる。に(じる)がむらさき(いろ)になったら、()()めて()ます。

にる(まえ)
にた(あと)

3 に(じる)を、こしきやザルでこしながらコップに()れる。これで酸性(さんせい)やアルカリ(せい)反応(はんのう)する(えき)のできあがり!
(かなら)十分(じゅうぶん)()ましてからコップに()れる。

4 キッチンペーパーを、はさみで縦横(たてよこ)5cmくらいの四角(しかく)()る。(すう)(まい)(つく)って、③で完成(かんせい)したむらさき(いろ)液体(えきたい)に10(ぷん)くらいつける。

5 わりばしを使(つか)って、むらさき(いろ)になったキッチンペーパーをコップから()()して、かわかす。かわいたら、はさみで(はば)1cmくらいの(おび)()る。これで手作(てづく)りリトマス()完成(かんせい)

かわかすときは、(した)がよごれないようにあまったキッチンペーパーや新聞紙(しんぶんし)などをしこう。

手作(てづく)りリトマス()(いろ)変化(へんか)(たし)かめよう!

()酸性(さんせい)液体(えきたい)(たまご)白身(しろみ)はアルカリ(せい)液体(えきたい)水道(すいどう)(みず)中性(ちゅうせい)液体(えきたい)だ。手作(てづく)りリトマス()()(たまご)白身(しろみ)水道(すいどう)(すい)につけ、反応(はんのう)して(いろ)がどう変化(へんか)するか確認(かくにん)しよう。

酸性(さんせい)()につけると、(あか)っぽい(いろ)になった!
アルカリ(せい)(たまご)白身(しろみ)につけると、(あお)っぽい(いろ)になった!
中性(ちゅうせい)(みず)につけても(いろ)はあまり()わらなかった!

一般的(いっぱんてき)なリトマス()は、青色(あおいろ)赤色(あかいろ)の2種類(しゅるい)があったけど、この手作(てづく)りリトマス()はもともとがむらさき(いろ)をしていて、酸性(さんせい)なら(あか)っぽい(いろ)に、アルカリ(せい)なら(あお)っぽい(いろ)変化(へんか)するんだね!

「むらさきキャベツのむらさき(しょく)には、アントシアニンという色素(しきそ)がふくまれている。
アントシアニンは、酸性(さんせい)になると(あか)っぽい(いろ)に、アルカリ(せい)になると(あお)っぽい(いろ)変化(へんか)する性質(せいしつ)があるんだ。」

実験(じっけん)身近(みぢか)なものの性質(せいしつ)(あじ)関係(かんけい)調(しら)べてみよう!

手作(てづく)りリトマス()使(つか)って、身近(みぢか)()(もの)調味料(ちょうみりょう)など、(くち)()れても大丈夫(だいじょうぶ)液体(えきたい)性質(せいしつ)調(しら)べてみよう。

左上(ひだりうえ)から、スポーツ飲料(いんりょう)、にがり、こんにゃくの(しる)()(みず)(たまご)白身(しろみ)炭酸(たんさん)(すい)緑茶(りょくちゃ)食塩水(しょくえんすい)、レモン(じる)牛乳(ぎゅうにゅう)、ヨーグルト、梅干(うめぼ)(じる)砂糖水(さとうみず)

やり(かた)

1 それぞれの(えき)(すこ)しだけ(くち)()れて味見(あじみ)して、(あじ)調(しら)べる(すっぱい、しぶい、にがい、(あじ)がない、など)。

 

2 それぞれの(えき)手作(てづく)りリトマス()をつけて、(いろ)変化(へんか)観察(かんさつ)する。(いろ)変化(へんか)から、それぞれの(えき)酸性(さんせい)中性(ちゅうせい)かアルカリ(せい)調(しら)べる。

 

3 調(しら)べた結果(けっか)(した)(ひょう)のように整理(せいり)する。ヨーグルトと(おな)性質(せいしつ)のものは、どんな(あじ)かな?

 

※この実験(じっけん)調(しら)べているのはそれぞれの液体(えきたい)性質(せいしつ)であり、いわゆる「酸性食品(さんせいしょくひん)」「アルカリ(せい)食品(しょくひん)」とは(べつ)のものです

(ひょう)整理(せいり)したら、酸性(さんせい)のものとアルカリ(せい)のものはそれぞれどんな(あじ)傾向(けいこう)があるか分析(ぶんせき)してみよう。

すっぱくも(にが)くもない牛乳(ぎゅうにゅう)(ひだり))は中性(ちゅうせい)、すっぱいプレーンヨーグルト((みぎ))は酸性(さんせい)だった。

発展(はってん)】ヨーグルトはなぜ酸性(さんせい)になるの?

ここまでの実験(じっけん)で、酸性(さんせい)のものはすっぱいこと、そしてヨーグルトは「酸性(さんせい)」で、ヨーグルトの原料(げんりょう)になる牛乳(ぎゅうにゅう)は「中性(ちゅうせい)」ということがわかった。

つまり、ヨーグルトをつくる過程(かてい)中性(ちゅうせい)から酸性(さんせい)()わる”(なに)か”が()きているんだ。ヨーグルトの(つく)(かた)調(しら)べて、そのヒミツを(さぐ)ってみよう!

「ヨーグルトは、牛乳(ぎゅうにゅう)乳製品(にゅうせいひん)に『乳酸菌(にゅうさんきん)や『酵母(こうぼ)』を(くわ)えて発酵(はっこう)させて(つく)っているんだ。その過程(かてい)で『乳酸(にゅうさん)()てくる。さらに、『ビフィズス(きん)(くわ)えたヨーグルトもあって、乳酸(にゅうさん)(くわ)えて『酢酸(さくさん)()す。この乳酸(にゅうさん)酢酸(さくさん)がすっぱさのヒミツ! しかも、わたしたちのおなかに()(はたら)きをしてくれるんだ。」

ビフィズス(きん)。アルファベットの「Y」のような(かたち)をしている。
乳酸菌(にゅうさんきん)(きゅう)(ぼう)のような(かたち)をしている。

ビフィズス(きん)乳酸菌(にゅうさんきん)(はい)ったヨーグルトが、どのようにおなかに()(はたら)きをしてくれるのかを、(つぎ)自由(じゆう)研究(けんきゅう)記事(きじ)参考(さんこう)にまとめてみよう。

()(きん)(わる)(きん)がいるって本当(ほんとう)? ヨーグルトにいる(きん)研究(けんきゅう)

緊張(きんちょう)するとどうしておなかが(いた)くなるの? 「あたま((のう))とおなか((ちょう))の関係(かんけい)」の研究(けんきゅう)

すっぱければすっぱいほど(からだ)()いの?

ヨーグルトのすっぱさには、(からだ)()いヒミツがかくされていたね。だけど、ヨーグルトはすっぱければすっぱいほど健康(けんこう)()いのかというと、それはちょっとちがう。

じつは、ビフィズス(きん)(さん)(よわ)いんだ。そこで、森永(もりなが)乳業(にゅうぎょう)のビヒダスヨーグルトの研究者(けんきゅうしゃ)は、ヨーグルトの酸性(さんせい)をできるだけ(よわ)くして、ビフィズス(きん)()かす工夫(くふう)をしているよ。その工夫(くふう)同時(どうじ)に、すっぱさをおさえることにもなるから、より()べやすいヨーグルトになっているんだ。

ビヒダスヨーグルトの工夫(くふう)についてくわしく()るには、森永(もりなが)乳業(にゅうぎょう)の「ビフィズス(きん)研究所(けんきゅうじょ)」をチェック!

まとめ(かた)

リトマス()(いろ)変化(へんか)(あじ)(した)()のように整理(せいり)してみよう。自分(じぶん)調(しら)べた液体(えきたい)がどこにあたるか()いていくと、それぞれの関係性(かんけいせい)()やすくなるよ。

実験(じっけん)結果(けっか)の「(ひょう)」と「実験(じっけん)結果(けっか)から(かんが)えたこと」をあわせて研究(けんきゅう)としてまとめよう。

横軸(よこじく)手作(てづく)りリトマス()調(しら)べた(いろ)(=酸性(さんせい)/アルカリ(せい))、縦軸(たてじく)(あじ)表現(ひょうげん)した()調(しら)べた水溶液(すいようえき)名前(なまえ)(くわ)えて、実際(じっさい)のリトマス()写真(しゃしん)をはっていくとよりわかりやすくなる。

注意(ちゅうい)

・この実験(じっけん)包丁(ほうちょう)やコンロの()使(つか)うので、(かなら)ずおうちの(ひと)といっしょにしよう。

(あじ)(たし)かめる実験(じっけん)では、(くち)にしても問題(もんだい)ないものかどうか、おうちの(ひと)(かなら)(たし)かめよう。

実験(じっけん)はよごれてもいい場所(ばしょ)服装(ふくそう)(おこな)おう。

実験(じっけん)使(つか)材料(ざいりょう)道具(どうぐ)などは、使(つか)ってよいものかどうか、おうちの(ひと)(たし)かめよう。

実験(じっけん)()わったらきちんと後片付(あとかたづ)けをして、(ちい)さい()()のとどかない場所(ばしょ)にしまうこと。

協力(きょうりょく)森永(もりなが)乳業(にゅうぎょう)

レポートのまとめ方
のコツはこちら!

自由研究人気ランキング

場所でさがす

ほかのいろんなさがし方

PR
PR

夏休みおうえんスペシャル

PAGETOP