夏休み自由研究プロジェクト

自由研究トップ > アイデアデータベース > 科学実験 > しゅわしゅわ入浴ざい

アイデアデータベース

この自由研究をやってみたいと思ったら、ボタンをクリック!

 

→ランキングはここで見られるよ

  • 小学3・4年生小学5・6年生

実験方法

クエン酸(さん)と重そうをまぜてねって固めて実験の材料を作る。ボウルに水を入れ、できあがった実験材料を1つゆっくり入れてみると…楽しい変化が起きるよ。

まとめ方

しゅわしゅわ入浴ざいの作り方を手順をおってまとめよう。また、しゅわしゅわ入浴ざいを水に入れておこる変化を観察してまとめ、なぜその変化が起こったのか調べたことをまとめよう。

用意するもの

重そう、クエン酸、かたくり粉、はちみつ、計量カップ、計量スプーン、ボウル、ポリエチレン手ぶくろ、ステンレストレー、シール容器(密封容器)、かんそうざい、ラップ、クッキー抜(ぬ)き型

基本
クエン酸と重そうをまぜて固めて実験の材料を作り、実験してみよう。
※実験するときは、手ぶくろをはめよう。
実験の材料を作ろう
1.重そう2/3カップとクエン酸大さじ3をボウルに入れる。
2.1に、かたくり粉大さじ2とはちみつ大さじ1弱を加える。
3.手ぶくろをはめた手で全体をよくまぜよう。
はじめはなかなかまとまらないけれど、かたくり粉とはちみつがクエン酸と重そうをまとめる役目をしているから、根気よくぎゅっぎゅっとまぜていこう。

4.均等にまざったら、半球型の計量スプーンなどにつめて指で軽くおして固めると、半球の形のものができるよ。

さあ、実験してみよう
ボウルに水を入れ、できあがった実験材料を1つゆっくり入れてみよう。どうなったかな? ブクブクとあわが出て、入れたかたまりが消えてしまったね。
しゅわしゅわ入浴ざいのできあがりだ

5.4でできあがったものをステンレスのトレーに並べたら、4~5時間冷ぞう庫でかんそうさせよう。
しっかりかんそうしたら、できあがり。
※作った実験材料は、しっけをすいやすいので、ラップで包んでみっぺいできる容器に入れて、かんそうざいを多めに入れておこう。

発展
クッキー型につめるなどくふうして、自分だけのしゅわしゅわ入浴ざいを作ってみよう。

基本で作った実験材料をスタンプセットつきのクッキー型につめて、スタンプ型でおすと、かわいい形のものができあがるよ。
かんそうさせて型からぬくときは、スタンプ型でゆっくり均等におし出すと、きれいにできるよ。

このしゅわしゅわ入浴ざいは、空気中のしっ気をすいやすくなっているよ。
基本の3でできあがったものをあまりたくさん型に入れると、しっ気をすってふくらむので、たくさん入れ過ぎないようにしよう。
はちみつのかわりに香りつきのシロップを使うと、いい香りの入浴ざいになるね。

科学実験のまとめ方の例を見てみよう

注意

実験は、必ずおうちの人といっしょにしよう。
実験前にこのレシピをしっかり読んで、まちがった手順で行わないようにしよう。
実験に使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。
材料をなめたり、口に入れたりしないこと。
材料がついた手で目をこすったりしないように気をつけよう。
実験中は必ず手ぶくろをすること。
冷ぞう庫に入れるときは、他の食品といっしょにしないこと。
色や香りをつけるときは、食品とまちがわないように、おうちの人にもことわっておき、十分に注意しよう。
実験のあとは、おうちの人といっしょに手や道具をきれいにあらい、しっかりあとかたづけをしよう。
循環式(じゅんかんしき)のおふろ・ヒノキ・大理石などのおふろに、この実験で作った入浴ざいを使用しないこと。
この入浴ざいを入れたおふろの残り湯を、せんたくに使用しないこと。

科学実験をするときの注意(実験をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。)

クエン酸と重そうをまぜたものを水に入れると、どうしてあわが出るのかな?
クエン酸は酸性、重そうはアルカリ性という性質をもっているよ。そのクエン酸と重そうをまぜて水を加えると、二酸化炭素というガスが出てきて、それがあわになるんだ。お店で売っているあわが出る入浴ざいと同じ仕組みだ。
監修(かんしゅう):千葉県立長生高等学校 大山光晴

※この科学実験は、8月31日までの公開です。