夏休み自由研究プロジェクト

自由研究トップ > アイデアデータベース > 社会科・調べ学習 > AR(拡張現実:かくちょうげんじつ)ってなに?

アイデアデータベース

この自由研究をやってみたいと思ったら、ボタンをクリック!

 

→ランキングはここで見られるよ

  • 小学3・4年生小学5・6年生中学生

調べ方

現実の世界の中に、そこにはないはずのものが現れる「AR(拡張現実:かくちょうげんじつ)」がどういうものなのか、どういう使われ方をしているのか、インターネットなどで調べてみよう。また、「AR(拡張現実)」が使われているゲームやアプリを実さいにプレイしてみよう。

まとめ方

「AR(拡張現実)」がどういうものなのか、どういう使われ方をしているのか、調べたことをまとめよう。「AR(拡張現実)」が使われているゲームやアプリをプレイしてみて感じたことをまとめてみよう。また、ふだんの生活の中でARを使うと便利になることなどを考えてみよう。

「AR(拡張現実)」って何だろう?
「AR」は英語の「オーグメンテッド・リアリティ」のことで、日本語では「拡張現実」といわれるよ。携帯型(けいたいがた)ゲーム機やスマートフォンなどの画面にうつした現実(げんじつ)の画像に、コンピューターで作った画像(がぞう)や文字などのバーチャルなものを付け加えて、まるで現実世界にあるかのように拡張するので、「拡張現実」というんだ。手の上にヘラクレスオオカブトが現れた!(ニンテンドー3DS用ソフト『Earthpedia(アースペディア)』より)

ただ現実の画像の上にコンピューターで作った画像や文字を重ねて表示するだけでなく、現実の画像の動きに合わせて、それらも動くので、現実とバーチャルがまざり合ったような不思議な体験ができるよ。手の動きに合わせて、ヘラクレスオオカブトが見える角度や大きさも変わるから、まるで手の上に本物のヘラクレスオオカブトをのせているみたいだよ。(ニンテンドー3DS用ソフト『Earthpedia(アースペディア)』より)

社会科・調べ学習のまとめ方の例を見てみよう

注意

3Dのゲームなどを長時間見続けると、気分が悪くなることがあるので気をつけよう。

社会科・調べ学習をするときの注意(調べ学習をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。)