夏休み!自由研究プロジェクト2017
自由研究トップ > アイデアデータベース > 社会科・調べ学習 > 町のなかの音を集めよう!

自由研究アイデアデータベース

この自由研究をやってみたいと思ったら、ボタンをクリック!

 

→ランキングはここで見られるよ

  • 小学5・6年生

調べ方

町のなかではどんな音が流れているかな。学校のチャイムや駅の発車ベル、横だん歩道や駅の階段(かいだん)で流れているメロディーなど、いろいろな「音」を集めてみよう。

まとめ方

町のなかの音は、どんな理由で、どんなときに流れているのかを考えて、まとめてみよう。音やメロディーをIC(アイシー)レコーダーで記録したり、音楽の得意な人は自分でえんそうしてみよう。

学校のチャイムキンコンカンコンという、かねの音イギリスのウエストミンスター寺院のかねの音と同じメロディーで、印象に残りやすい。じゅぎょうの始まりや終わり、下校の時間などを知らせている。時間を知らせる公共の放送「夕焼け小焼け」のメロディー午後5時など、時間を知らせるために流す。時計がない場所でも、聞いた人の時間の目安になる。電車の発車の合図「鉄道しょうか」のメロディー駅:東海道本線の品川駅電車の発車を知らせるために流す。東京にある山手線などでは、その地区にちなんだメロディーを流している駅もある。高田馬場(たかだのばば)駅で、「鉄腕(てつわん)アトム」のテーマ曲のメロディーが流れるのは、とても有名。横だん歩道鳥の鳴き声目の不自由な人に、信号が青になっていることを知らせるために鳴っている。車道に対して平行の歩道にたつ信号が対になっていて「カッコウ」「ピヨピヨ」と鳴っていることが多い。ほかに、「とおりゃんせ」や「こきょうの空」という曲のメロディーが流れる場所もある。

魚の移動販売(いどうはんばい)「かわいい魚屋さん」のメロディー魚を売りに来たことを近所の人に知らせている。いつも同じ曲なので、聞いた人がすぐに「魚屋さんが来た」とわかる。録音のしかたICレコーダーなどを用意して、なるべく音が鳴っているスピーカーのそばで録音しよう。ICレコーダーのデータをパソコンにコピーできる場合は、メロディーごとに名前をつけてほぞんしよう。録音した音は、自分で楽しむだけにしよう。

社会科・調べ学習のまとめ方の例を見てみよう

注意

録音するときはまわりの人のめいわくにならないように気をつけよう。
録音した音は、自分で楽しむだけにしよう。
必ず大人の人といっしょにやろう。
駅や横だん歩道では電車や車に気をつけて、必ず安全な場所で調べよう。

社会科・調べ学習をするときの注意(調べ学習をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。)

テーマ選びでなやんだら、とにかく集めてみよう! 自由研究をもっと楽しむために守ってほしい4つの約束と3つのコツ!
集めるだけでできる自由研究トップへ