夏休み!自由研究プロジェクト2017

自由研究アイデアデータベース

この自由研究をやってみたいと思ったら、ボタンをクリック!

 

→ランキングはここで見られるよ

  • 小学1・2年生小学3・4年生

調べ方

おうちにある食器を集めて、種類や形、どんなときに使うかを調べてみよう。食器には、大きく分けて洋食器と和食器があるよ。どちらも、使いみちによっていろいろな種類があるね。和食器は、さらに大人用と子ども用、男の人用と女の人用などに分けることができるものもあるよ。おうちの食器だなを調べて、それぞれの食器をどんなときに使うのか、おうちの人に聞いてみるのもいいね。

まとめ方

食器を種類や使い方に注目してまとめよう。また、食器に水を入れて、それぞれの大きさをくらべてみよう。

食器の種類と特ちょうごはん茶わん和食器。土を焼いてつくった陶磁器(とうじき)。お父さん用が一番大きくて、お母さん用がそれより少し小さく、子ども用はそれよりもさらに小さいことがわかった。落としてもわれないように、プラスチックでできている子ども用のものもあった。おわんおみそしるを飲むときに使う和食器。木をけずってつくった丸い器に、黒と赤のうるしをぬった漆器(しっき)があった。また、プラスチックで漆器ににせてつくられたものもあった。プラスチックと漆器は見た目がにているけれど、底の部分に書かれた材質(ざいしつ)やたいねつ温度の表示を調べると、どちらなのかわかった。皿すべて陶磁器だった。和食器、洋食器とも、乗せる食べ物の種類によって、いろいろな大きさや形のものがあった。焼き魚をのせるお皿は四角くて細長い。カレーライスを入れるお皿は、平らではなく深さがあった。コップ飲み物に合わせていろいろな種類がある。日本茶用の湯のみは「湯のみ茶わん」ともいい、取っ手がついたコップは「カップ」ともいう。ガラスでできたもの、陶磁器、ステンレスでできたものもあった。コーヒー用のカップには、受け皿(ソーサーという)がついていた。使い方や形、材質で、さらに細かく分けていってもいい。

ごはん茶わんの大きさくらべおうちにあるごはん茶わんに、どのくらいの量の水が入るか、くらべてみた。小さいもの(子ども用)200mLの水が入った。中くらいのもの(女の人用)300mLの水が入った。(子ども用のごはん茶わんの1.5倍)大きなもの(男の人用)350mLの水が入った。(子ども用のごはん茶わんの1.75倍)

社会科・調べ学習のまとめ方の例を見てみよう

社会科・調べ学習をするときの注意(調べ学習をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。)

テーマ選びでなやんだら、とにかく集めてみよう! 自由研究をもっと楽しむために守ってほしい4つの約束と3つのコツ!
集めるだけでできる自由研究トップへ