夏休み!自由研究プロジェクト2017

自由研究アイデアデータベース

この自由研究をやってみたいと思ったら、ボタンをクリック!

 

→ランキングはここで見られるよ

  • 小学1・2年生小学3・4年生

実験方法

お弁当よう器のふたなどとうめいなプラスチックの板でボートを作って、水にうかべてみよう。
して印刷(いんさつ)して使うと便利。
はみがきこを燃料(ねんりょう)にすると、すいすい進む! いろんな燃料を使って、進み方を実験してみよう!

まとめ方

して必要な数だけ印刷して使おう。 できたボートの写真をとるかスケッチしてはり、速さや進んだ距離(きょり)など、気づいたことを書きこんでおこう。 そのワークシートを整理し、どの燃料でボートがどんな進み方をするか、わかったことを書く。また、なぜそうなるのか調べてまとめよう。

用意するもの

お弁当よう器のふたなどとうめいなプラスチックの板、油性(ゆせい)ペン(赤)、両面テープ、スポイト、せん面器、はみがきこ、はさみ、ものさし、ティッシュペーパー、工作マットか新聞紙、水、お茶、ジュース、しょう油、台所用洗ざい

基本ボートを作る
使う燃料の数だけ、同じボートを作ろう。
1.お弁当よう器のふたなどとうめいなプラスチックの板から、たて横60mmくらいの板を切り出す。
2.プラスチックの板を、右の図にのせて、油性ペンで線をなぞる。切り取り線にそってはさみで切り取り、谷おり線でおりまげる。
はさみを使うときは、けがをしないように気をつけよう。また、板のはしで指などをきずつけないようにしよう。

3.ティッシュペーパーをたて横20mmの大きさに切って、絵のようにおる。
4.写真の位置に両面テープをはって、ティッシュペーパーをつける。

燃料をつけて走らせる
1.はみがきこ、ジュース、お茶、しょう油、台所用洗ざいから燃料を選ぶ。
2.工作マットや新聞紙の上にボートを置いて、選んだ燃料をティッシュペーパーにつける。

3.せん面器に水を入れて、ボートを水面にそっとうかべると、ボートがすいすい進むよ! まわりがぬれたりよごれてもいい場所で実験しよう。
どの燃料を使ったときが一番いきおい良く進むかな? また、長く進む燃料はどれかな? 試してみよう。別の燃料にするときは、水を取りかえよう。

発展
右のうずまき形を、基本のボートと同じように作って、水にうかべてみよう。どんな動きをするかな?

実験の記録とまとめに使える、ワークシートがダウンロードできます。
  • ※「PDFのページサイズに合わせて用紙を選択(せんたく)」らんのチェックをはずして印刷しよう。

科学実験のまとめ方の例を見てみよう

注意

実験は、必ずおうちの人といっしょにしよう。 実験前にこのレシピをしっかり読んで、まちがった手順で行なわないようにしよう。 実験に使う材料は、おうちの人に用意してもらうこと。 使う材料をなめたり、口に入れたりしないこと。 はさみを使うときは、けがをしないように気をつけよう。プラスチック板はかたいので、無理なときは、おうちの人にやってもらうこと。 プラスチックの板はうすいので、切り口で目や顔、手などをけがしないように気をつけること。 安全のため、こわれたり変形したものは使わないこと。 まわりがぬれたりよごれてもいい場所で実験しよう。 実験のあとは、おうちの人といっしょに手や道具をきれいにあらい、しっかりあとかたづけをしよう。あらった道具は、きれいになったかどうかおうちの人にたしかめてもらおう。

科学実験をするときの注意(実験をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。)

どうして、大きく映るの?
水の表面は、「表面張力(ひょうめんちょうりょく)」という力で引き合っている。この力でボートは進むよ。コップの口まで水を注いでも丸くなってなかなかこぼれないのも、水の表面が引き合っているからだよ。
ボートにはったティッシュペーパーから、はみがきこやお茶、ジュースが水にまざると、その部分の水の表面張力だけ小さくなる。ボートを後ろに引っぱる力が小さくなって、ボートは前に進む。燃料が水にまざりきると、ボートは止まる。
コップの口まで水を注いでも丸くなってなかなかこぼれないのも、水の表面が引き合っているからだよ。
監修(かんしゅう):千葉県立長生高等学校 大山光晴

※この科学実験は、8月31日までの公開です。