夏休み!自由研究プロジェクト2017
自由研究トップ > アイデアデータベース > 社会科・調べ学習 > くすりの副作用を調べよう

自由研究アイデアデータベース

この自由研究をやってみたいと思ったら、ボタンをクリック!

 

→ランキングはここで見られるよ

  • 小学3・4年生小学5・6年生中学生

調べ方

くすりには、本来の目的である有益(ゆうえき)な作用の主作用と、期待していなかった作用の副作用がある。どんな副作用があるか、どんなときに副作用が起こるかなどを、* のサイトを手がかりに調べよう。
*ここから先は外部サイトへ移動(いどう)します。

まとめ方

主作用と副作用の例や、副作用が起こる原因(げんいん)を、文章と図、イラストで説明する。副作用について気をつけたほうがよいことをあげてまとめよう。

くすりの主作用と副作用の例:かぜ薬:主作用(例)鼻水をおさえる、くしゃみをおさえる、熱を下げる副作用(例):ねむくなる、めまいやはき気がする副作用で気をつけたほうがよいこと:副作用があっても、病気の治りょうのために、医しが様子を見ながらくすりを使っていることがある。自分のはんだんで勝手にやめてしまうと病気が治りにくくなることがある。

社会科・調べ学習のまとめ方の例を見てみよう

社会科・調べ学習をするときの注意(調べ学習をする前に必ずおうちの方といっしょに読んでね。)

くすりのヒミツを大研究へ

※この研究は、8月31日までの公開です。